そろそろこういう物語を頭に

その他 投資は注意

2 Res. 0 MONA 1 Fav.

1 :名無し八段教士:2017/10/14 00:20:06  0MONA/0人


2014年、ある男が2chに現れ、ネラーに言いました。
「モナをを10円で売って欲しい」と。
モナはニートの間では珍しくもなく、そこら中に脇森Pがまいたので、ネラーたちはもなこじきをしにASKに行きました。
ネラーに投げられた何千ものモナを男は一モナ当たり10円で購入し、
そのうち投げモナが少なくなってきたのでネラーはASKにこなくなりました。
そこで男はサルの値段を一匹当たり100円にすると発表しました。
この新しい発表によりネラーはマイニングをしました。
しばらくすると掘れるモナが減ってきたので、村人はマイニングをやめました。
すると男の申し出は200円へと吊りあがりました。
しかし掘れる枚数は減ってきているので、ビデオカード2枚刺しでさえ掘るのは難しくなっていました。
とうとう男は値段を600円にまで吊り上げました。

2 :名無し八段教士:2017/10/14 00:20:13  0MONA/0人

しかしながら、男はシフォンケーキを売るために町へ出向かなくてはいけなくなったので、
彼のアシスタントが代わりにモナを買いつけることになりました。
男が留守の間に、このアシスタントはネラーたちにこう言いました。
「今まで彼が集めてきたこの多くのモナを、あなたたちにこっそり500円で売りますから、
明日彼が戻ったら、それらを600円で売るといいでしょう」
ネラーたちはそれぞれお金を出し合って、そのすべてのモナを一もな500円で買いました。
しかしその後、村人たちは男もアシスタントも二度と見ることはなく、
ただモナだけはそこらじゅうにあふれニートのおはじきになってしまいました。

お気に入り

新規登録してMONAをもらおう

登録すると、投稿したり、MONAをもらったりすることができます。質問したり、答えたりしてMONAを手に入れてください。

新規登録ログイン