アメリカ人の戦闘機が日本南西部の海に衝突し、死傷者は発生しない

1 :rilmersantos三級:2018/11/23 09:37:41  0MONA/0人


米海軍によると、2人の乗員は「即時かつ安全に」救助された。

沖縄の首都、那覇の南東にある日本軍に駐留するF / A-18戦闘機が月曜日(12日)に死亡した。米国海軍の太平洋艦隊は、乗組員が衝突前に施設を離れることができたと語った。
航空機には「機械的な問題があり、通常の操作を行っている間に乗組員を駆逐した」
米海軍は声明で述べた。
当局は、2人の乗員が「即時かつ安全に」救助され、
「初期(医療)評価に基づいて、どちらも良好な状態にある」と述べた。
この事故は、現地時間(ブラジルの0時間45分)午前11時45分に起こった。那覇から280キロ、USSの原子力推進空母
ロナルド・レーガンは、公衆放送局「NHK」によって公表された沖縄の国防省のデータによると、

お気に入り

新規登録してMONAをもらおう

登録すると、投稿したり、MONAをもらったりすることができます。質問したり、答えたりしてMONAを手に入れてください。

新規登録ログイン